ディスプレイ

M1/M2 MacBook Airに最適な4Kサブディスプレイはこれ!

M1 MacBook Airを購入してからブログの執筆が捗ってます。

やっぱり新しいMacはテンションが上がりますね!

記事作成時は画面を左右分割して、左にブログ編集画面、右に関連情報のサイトを表示させています。

こうすることでいちいち画面切り替えの手間がないので文章を入力するスピードアップが図れるんです。

でも、MacBook Airのディスプレイは13.3インチ。

画面分割すると表示領域が狭いです。表示解像度を上げると今度は文字が小さくて目が疲れるし・・・

それを解消してくれるのがサブディスプレイ(サブモニター)です。

今回は、MacBook Airにぴったりなサブディスプレイを紹介します。

こんな方におすすめ

  • MacBook Airで画面分割するとどうなる?
  • Macにおすすめのサブディスプレイ
  • 私のデスク環境のご紹介!

MacBook Airで画面分割するとどうなる?

MacBook Airで画面分割して作業するとどうなるのか。

実際に比べてみました。

変則三分割とは、左に1つのウィンドウ、右に上下2つのウィンドウを並べた状態を指しています。

【Retina最大解像度(1680×1050ピクセル)】二分割

【Retina最大解像度(1680×1050ピクセル)】変則三分割

【最大解像度(2560×1600ピクセル)】変則三分割

システム上の最大解像度(1680×1050ピクセル)の場合、分割表示させると一つのウィンドウの表示領域が狭くなって作業効率が逆に落ちてしまいます。

ディスプレイ最大解像度(2560×1600ピクセル)であれば表示領域は広くなって良いのですが、文字が小さすぎて目が疲れてしまいます。

ポイント

出先では仕方ないとしても、家でもこれだと効率が悪すぎるので13インチのMacBook AirやMacBook Proを買うなら一緒にサブディスプレイも購入が必要と考えておいた方が良いですね。

ちなみに、ディスプレイ最大解像度は”システム環境設定”では設定することができません。

解像度を自由に変更するためのアプリ(Display Menuなど)が必要となります。

合わせて読みたい

M1/M2 MacBook Airを買ったら絶対にインストールしてほしいおすすめアプリ

続きを見る

Macにおすすめのサブディスプレイ

サブディスプレイを選定するには、その条件を決めておく必要があります。

サブディスプレイの必要条件

  • 27インチ
  • 4K (3840×2160ピクセル)
  • Power Delivery対応
  • sRGBカバー率99%以上

私の使っているデスクは奥行きが狭く、ポジションが画面に近くなってしまうので”27インチ”が最適。

32インチだとちょっとでかすぎて首を動かして見渡さないといけなくなるので。

それと言うまでもなく”4K”は必須です。

あとは、ディスプレイ〜PC間はケーブル1本で済ませたいので”PD対応

カラーには拘りたいところですが、AdobeRGBやDCI-P3とか言い出したら価格が跳ね上がってしまうので、”sRGBカバー率99%以上”あれば良しとしましょう。

LG 27UL850-W

LG 27UL850-W
出典:LG (27UL850-W)

サイズ27インチ
解像度4K
パネルタイプIPS ノングレア
輝度350cd/m2
コントラスト比1000 : 1
応答速度 5ms
入力端子USB-C、HDMI2.0 ×2、DisplayPort1.2
出力端子USB3.0 ×2、ヘッドホン
色域sRGB99%
PD出力最大60W
スピーカー5W+5W
重量6.1 / 4.8kg
実勢価格53,500円(2022年1月現在Amazon価格)

2018年末に発売開始された27UL850-W、そろそろディスコンではないでしょうか。

すべての入出力端子が背面にあり後ろ方向にコネクタが飛び出す構造になっているため、モニターアームや壁面固定だと干渉しそうです。

(通常は背面下部に下方向にコネクタが向くようになっている。)

Dell U2720QM

Dell U2720QM
出典:Dell (U2720Q)

サイズ27インチ
解像度4K
パネルタイプIPS ノングレア
輝度350cd/m2
コントラスト比1300 : 1
応答速度5ms
入力端子USB-C、HDMI2.0、DisplayPort1.4
出力端子USB-C、USB3.0 ×3、ヘッドホン
色域sRGB99%、Rec.709 99%、DCI-P3 95%
PD出力最大90W
スピーカー無し
重量6.6 / 4.4kg
実勢価格64,800円(2022年1月現在Amazon価格)

”Amazon.co.jp限定”製品と記載がありますが、中身はDellの”U2720Q”です。

ディスプレイのスペック的には平均的に高く、優等生的な製品ですね。

U2720QMの最大の特徴は、PD出力が最大90Wという点。

今回選定した4機種の中で、16インチMacBook Proを駆動させられるのはこのディスプレイのみです。他は60〜65Wなので13インチMacBook Proまでですね。

ASUS PA279CV

ASUS PA279CV
出典:ASUS (PA279CV)

サイズ27インチ
解像度4K
パネルタイプIPS ノングレア
輝度350cd/m2
コントラスト比1000 : 1
応答速度5ms
入力端子USB-C、HDMI2.0 ×2、DisplayPort1.2、USB3.0
出力端子USB3.0 ×4、ヘッドホン
色域sRGB100%、Rec.709 100%
PD出力最大65W
スピーカー2W+2W
重量8.6 / 5.6kg
実勢価格54,800円(2022年1月現在Amazon価格)

sRGB/Rec.709カバー率が100%という色域・ガンマ値に関してはこの価格帯では群を抜いた存在のPA279CV。

Amazonレビューを見ても色に関する評価は高く、スペックだけではない品質の高さを表していると思います。

BenQ EW2780U

BenQ EW2780U
出典:BenQ (EW2780U)

サイズ27インチ
解像度4K
パネルタイプIPS ノングレア
輝度350cd/m2
コントラスト比1300 : 1
応答速度5ms
入力端子USB-C、HDMI2.0 ×2、DisplayPort1.4
出力端子ヘッドホン
色域sRGB99%
PD出力最大60W
スピーカー5W+5W
重量6.7 / - kg
実勢価格58,900円(2022年1月現在Amazon価格)

Dell U2720QMに近い平均的なモデルです。

こちらの特徴は、周囲環境に合わせて輝度・色温度を自動調整する機能の”B.I.+”と、周囲の明るさとコンテンツを検知して独自のインテリジェント技術で輝度や色相・彩度を調整する”HDRi”機能。

出力ポートがヘッドホンしかないのは気になりますが、実はあまり使わないので特に困ることはないでしょう。

私のデスク環境のご紹介

デスク環境(全体)

サブディスプレイ4選をご紹介しましたが、もちろん購入してますよ!

購入したサブディスプレイ

デスク環境(ディスプレイ)

私が購入したのはDell U2720QMです。

U2720QMを選んだポイント

  • 色域のカバー率が高い
  • PD出力が余裕の最大90W
  • スピーカーがないことによるスリムベゼル化
液晶パネルのスペックからデザインまで高次元でまとめられてたのが良かったね!
なま

現在のデスク環境

ついでに現在の私のワークデスクの環境を少しご紹介しますね。

デスク環境(PC本体)

基本的にMacBook Airはクラムシェルモードで使っています。

なのでサブディスプレイと言いながら、実質はメインディスプレイになってます。

PCスタンドは、専用のものは高いのでダイソーの”ゴムの木 イーゼルスタンド”をとりあえずで買ったんですが、かなり良い感じなのでこのまま使うことにします!

お値段なんと200円!ほんとにこのスタンドはおすすめ!!
なま

見た目にも拘る人は、このような専用スタンドを使用すると角度なども調整できて便利です!

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2をBluetooth接続して、USB-C接続でディスプレイに画面出力&電源をもらっているのでパソコン周りはかなりシンプルな構成になっています。

デスク環境(キーボード)

合わせて読みたい

Magic Mouse 2とTrackpad 2、使いやすいのはどっち?機能も見た目も徹底比較!

続きを見る

外付けHDD/SSDを使用するときはUSB-CハブやUSB-Cドックを介して接続します。

合わせて読みたい

M1/M2 MacBook Airと一緒に持ち運びたいおすすめのUSB-Cハブ 5選

続きを見る

こちらもCHECK

M1/M2 MacBook AirのためのUSB-Cドック「CalDigit TS3 Plus ドッキングステーション」

続きを見る

純正スタンドは使わず、エルゴトロンのLXデスクマウントアームを使用しています。

デスク環境(モニターアーム)
created by Rinker
エルゴトロン
¥13,973 (2022/09/25 01:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

ディスプレイ位置を頻繁に変えることはありませんが、デスク上を少しでも広く使いたかったのでアームを採用しました。

ディスプレイ下部に空間があることで圧迫感がかなり軽減されたのは予想以上の結果。

たまにしかありませんが、ケーブルを接続し直すときなどもアームを手前側に持ってくればチェアに座ったままディスプレイの裏側にアクセスすることもできるので便利です。

U2720QMでの画面分割

MacBook Airの画面では厳しかった画面分割ですが、27インチのサブディスプレイではどうなるか確認です。

【適正解像度(3008×1692ピクセル)】二分割

【適正解像度(3008×1692ピクセル)】変則三分割

【ディスプレイ最大解像度(3840×2160ピクセル)】変則三分割

当たり前ですが、サイズも27インチになって解像度も上がっているので、文字認識もしやすい状態で表示領域が格段に広がっています

4K(3840×2160ピクセル)にすると私的には目が疲れるので、一段落とした解像度が適正かなと思います。

Macに最適なサブディスプレイのまとめ

選定した5製品のスペックをまとめておきます。

  LG
27UL850-W
Dell
U2720QM
ASUS
PA279CV
BenQ
EW2780U
サイズ 27インチ
解像度 4K
パネルタイプ IPS ノングレア
輝度 350cd/m2 350cd/m2 350cd/m2 350cd/m2
コントラスト比 1000 : 1 1300 : 1 1000 : 1 1300 : 1
応答速度  5ms 5ms 5ms 5ms
入力端子 USB-C
HDMI2.0 ×2
DP1.2
USB-C
HDMI2.0
DP1.4
USB-C
HDMI2.0 ×2
DP1.2
USB3.0
USB-C
HDMI2.0 ×2
DP1.4
出力端子 USB3.0 ×2
ヘッドホン
USB-C
USB3.0 ×3
ヘッドホン
USB3.0 ×4
ヘッドホン
ヘッドホン
色域 sRGB99% sRGB99%
Rec.709 99%
DCI-P3 95%
sRGB100%
Rec.709 100%
sRGB99%
PD出力 最大60W 最大90W 最大65W 最大60W
スピーカー 5W+5W 無し 2W+2W 5W+5W
重量 6.1 / 4.8kg 6.6 / 4.4kg 8.6 / 5.6kg 6.7 / - kg
実勢価格 53,500円 64,800円 54,800円 58,900円

今回は27インチ4Kディスプレイに絞って選定しましたが、FHDの解像度・32インチなど条件を変えれば山のような候補が出てきます。

まずはどんなディスプレイがほしいのか・必要なのかを見極めてから選定するのが近道かと思います。

ディスプレイを選ぶポイント

  • 画面サイズ(画面までの距離による)
  • 解像度(価格に直結)
  • 応答速度(ゲームするなら速度重要)
  • 色域(画像・動画編集するなら)
  • 入出力種類(接続したい機器による)
  • PD対応(対応PCがあるなら)
  • スピーカー(お好みでどうぞ)
  • 価格(予算次第)

画面サイズは、座ったときの頭の位置とディスプレイまでの距離で決めた方が良いです。

A氏
できるだけ大画面のディスプレイがほしい!
位置が近すぎて、画面の隅々を見るのに首を動かしてると肩コリの原因になるよ。
なま

他条件は、パソコンのスペックやそのディスプレイで主に何を表示したいのかによって絞り込んでいきましょう。

それでは、良いパソコンライフを!

created by Rinker
エルゴトロン
¥13,973 (2022/09/25 01:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

-ディスプレイ
-