AppleWatch

Apple Watchを最も手軽に充電するためのUSB充電器。ケーブルレスで持ち運びもGood!

みなさん、Apple Watchの充電はどうしていますか?

ほとんどの人が付属のマグネット式充電器を使用していると思います。

今回紹介するのは、LVFANのマグネット式充電器です。

製品名だけでは純正品との違いがわからないので、詳しく紹介していきますね!

LVFAN充電器の特徴

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • ケーブルレスでデスク上が煩雑に見えない

Apple純正の充電器

Apple純正の充電器は1mのケーブル先端にマグネット式の充電器が付いたもの。

マグネット式なので外したApple Watchを近づけるだけでカチッと簡単に固定・充電されます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,587 (2022/09/24 23:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

純正品だけあって悪いところはないのですが、やはりケーブルがあるとデスク上がどうしても煩雑に見えてしまうんです。

使用していないときは、デスクの脚(スチール)に引っ付けています。

ケーブルがある分、持ち運びをする際も邪魔になります。

最大の欠点は、私が現在使用しているようなループ状のバンドを付けていると不安定になってしまうこと。

私が使用しているブレイデッドソロループだと、デスク上に置くと上の写真のようになってしまいます。

純正バンドは、ループという名称のものはこのようなスタイルになってしまいますので、お世辞にも見た目が良いとは言えません。

LVFAN充電器の特徴

これがLVFANのマグネット式充電器です。

マグネット式充電器とUSB端子が一体になった形状で、これ以上ないくらいシンプル。

手のひらサイズなので持ち運びも超簡単です。

使い方はもはや説明すら不要なんですが、USB端子のキャップを外してUSBポートに接続するのみ。

これのメリットは持ち運びが簡単なことだけではなく、純正充電器の最大のデメリットだったブレイデッドソロループでもスッキリと充電できる点です!

ノートパソコンに挿入した状態ですが、デスク面と充電器に隙間があるためループ状のバンドでも問題ないというわけですね。

充電器の上にApple Watchを置くのでUSBポートに荷重が掛かっている状態ですが、バンドを含めても大した重さではないので接触不良を起こすといったことは心配しなくても良いかと思います。

M1 MacBook Airと組み合わせて使用するのであればUSB-C端子のものを選択してくださいね。

こちらはLVFANではありませんが、メーカー名が異なるだけで製造元は全く同じと考えて良いと思います。

LVFANのマグネット式充電器のもう一つのメリットは、値段。

私が購入した時は、1,399円に700円引きクーポンを適用して699円でした!

700円で買えるなら超々お買い得!!
なま

ちなみにAnker製品はなんと3,490円。(USB-C仕様も同額でした)

MFi認証製品だとか高速充電に対応しているとか、安心・高スペックではあるようですが、就寝中に充電する私の用途ではあまりメリットを感じないので検討の対象から外しました。

LVFAN充電器の欠点

現時点でLVFANマグネット式充電器に欠点はありません。

心配なのは耐久性や発熱ではないかと思いますが、この1ヵ月ほどの使用では何の問題もありません。

引き続き使用していくので、何かあればご報告します!

まとめ

LVFANのApple Watch用マグネット式充電器を紹介しましたが、いかがでしたか?

モバイルバッテリーに接続して充電することもできるので、1泊2日くらいであればその組み合わせで荷物を減らすのもありですね!

ちなみに、「キャップが固すぎる」というレビューもありましたが、シリコンのような柔らかさなので固いということは全くありません。

多分ですが、キャップの先端を引っ張っているのではなく根元部分をつまんで引っ張っているのかなと思います。(根元だとUSB端子も一緒につまむことになるので抜けにくいのは当たり前ですけどね)

それでは、良いApple Watchライフを!

-AppleWatch
-,